名刺サイズは日本では55x91mmが主流

欧米サイズの名刺は89x51mm

名刺サイズ

名刺サイズば55×91mmが日本では一般的です。印刷業会では4号や9号(大阪)と呼ばれていたりもします。
一番多く出回っているサイズはこの55x91mmと言って良いでしょう。
この55x91mmですが、同じサイズにも関わらず、なぜか4号または9号と呼ばれています。
全国どこでも両方の呼び方で大丈夫ですが、主に4号は東京、9号は大阪を中心に呼ばれています。

これは東京や大阪のメーカーがそれぞれがサイズの名称を付けて売っていた事がはじまりのようで、これが今にも受け継がれてそのまま呼ばれているようです。
なので名刺を注文するときに4号も9号も全く一緒のサイズなので、気にせずにオーダーしても大丈夫です。
名刺のサイズを4号か9号かと呼ぶ事で出身地などがここからわかるかもしれませんね。

名刺のサイズ

日本ではこの55x91mmが主流と言いましたが、欧米では89x51mmが一般的です。
4号または9号よりも欧米サイズの方が一回り小さく細長い感じですね。
この欧米サイズですが、英語サイズやスマートサイズとも呼ばれています。
日本の一般的な名刺のサイズよりも小振りなので女性の方などにいいかもしれないですね。

欧米サイズと言われていても必ずしも英文だけの名刺に使われている訳ではなさそうです。
表と裏で英語と日本語と分けている名刺もありますし、あえて一般的なサイズの名刺から外してデザイン的にもしゃれてみようかとこの欧米サイズを選択する方もおられるようです。
名刺をもらう側も4号・9号になれていると思うので、そこで欧米サイズをもらうとそれだけでも印象に残るかもしれませんね。
名刺は相手に覚えてもらうことが肝心なのでそこを狙うのもありなのでしょう。

だいたい名刺のサイズは以上紹介した4号(9号)欧米サイズの2種類と言ってもいいでしょう。
これ以外のサイズを見かけることはなかなか稀なケースだと思います。
以前は3号(85x49mm)の名刺が小振りで女性によく使われる名刺の時代もありましたが、今では女性の方も標準の名刺サイズを持つ事が一般的です。
まずは4号・9号の名刺を抑えておくのが間違いないでしょう。