正しく名刺交換できますか?

実践の中で名刺の渡し方を覚えよう

名刺

名刺交換はビジネスマナーとしてよく教えられるところです。 ビジネスは名刺交換からはじまると言われています。 また、名刺の交換前から名刺交換ははじまっていると教えている企業もあるようです。 それでは、どのような所を注意して名刺交換を行なえば良いのでしょうか。 こちらが名刺交換の流れです。

名刺渡し方

交互に交換の場合
1. 名刺入れから名刺を取り出す
2. 名刺を両手で渡す
3. 名刺を両手で受け取る

一般的な流れですが、この単純に見える工程の中にも注意ポイントはあるのです。

まずは、名刺を渡す時には脇を閉じ、名刺は胸の高さにもっていきます。 背筋を伸ばし、会社名と名前を言い、 そして会社名と名前を言い終わってから交換にうつります。 一つ一つの動作にメリハリをつける事を心掛けて渡すと良いでしょう。 交換した際も笑顔で、「頂戴いたします」または「ありがとうございます」と言いましょう。 名刺交換一つで印象も変わってくるので、出来るだけ好印象を与えられるようにしたいですね。

名刺交換

交互に交換する以外には同時交換があります。 同時交換は先程の工程の2と3を文字通り同時に行いますが、どのようにして行うのでしょうか。 まずは、名刺入れから名刺を取り出し名刺を持ちます。 訪問者側から名乗り、続いてお客さん側が名乗ります。 自己紹介が終わった後に交換です。 名刺入れを指で挟みながら相手の名刺入れの上に名刺をそっと置く感覚で渡します。 もう一方も同じ感覚で渡してこられます。 この時も「頂戴いたします」と言いましょう。

交換はここまでですが、商談はこれからがはじまりです。 いただいた名刺は名刺入れの上に置きます。 先方が複数おられる場合は、机に座っている順で名刺を置きます。 名刺を名刺入れに仕舞うタイミングですが、商談が終わるタイミングで、仕舞うのが商談が終わる合図のようなものになります。 ここまで来たら、習うより慣れよと言うことで、後は実践で覚えていきましょう。 あなたも名刺交換をスムーズに出来るようになり、良いビジネスライフを過ごしてくださいね。