未来の名刺はどうなるのか

デジタル化する未来の名刺

名刺未来イメージ

昨今、書籍や新聞、広告など様々なものがデジタル化になってきました。 テレビや映画などは3D化になりどんどんテクノロジーも進化してきています。 あらゆるものが便利になって来ており、これからも色々なものがデジタル化になって来るのではないでしょうか。 私たちのビジネスシーンで多く使う名刺などはまだまだデジタル化になる余地があると思います。 アプリなどで名刺を管理出来るソフトも増えてきましたが、名刺自体はどうでしょうか。 まだまだ紙のものが使われていますよね。 そこで、名刺がどのようにデジタル化になっていくか考えてみたいと思います。

ぱっと思いつくのは3D化で人の顔や名前をはじめ企業情報が出てくるものです。 そのためには、それらの情報を送信出来る端末と受信出来る端末が必要で、その送信する端末から情報を受信機に送りそこから3D化された映像が流れます。 受信された情報は自分のパソコンに自動的に転送され、同時に管理もできます。 受信機も送受信出来るもので、端末自体もチップのような小さいものならかさばらずに便利なのではないでしょうか。 このように色々想像してみるのも面白いですね。 名刺のデジタル化ですが、すぐになるもなではないでしょうし、その時まで楽しみにしておきましょうか。

デジタルイメージ

もしかしたら知らないだけでそう言った名刺も徐々に出てきているかもしれませんが。 デジタルで名刺を管理出来るものも増えて来ているので、名刺のデジタル化も充分あり得る話しだと思います。 もしデジタル化になれば名刺を切らすなどと言うこともなくなり、デザインが変更になった時や部署が変わった時も簡単に変更出来るので良いのではないでしょうか。いきなり3D化になることは難しいかもしれませんが、デジタルで名刺の情報交換をすると言うことはすぐにでも実現可能なような気もします。

名刺のデジタル化は遅れていると言われているので、そこに着目して開発を進めている企業も多くあるのではないでしょうか。 あらゆるものがデジタル化されている現代で名刺がデジタル化になる日が楽しみです。